• none
  • none
  • none
  • none
  • none
  • none
  • none
  • none

  • none

ピックアップ店舗

shop name沖縄料理と泡盛 浅草 ぬちぐすい

shop name浅草 ちゃこーる

shop name浅草 高勢

shop name浅草 ナポレオン キッシュ

shop name日本不動産バザール株式会社

カテゴリ
ホーム >> 注目情報一覧 >> 伝法院通り

伝法院通り

浅草でんぽう院ではなく、でんぼう院通り探索巡り

浅草でんぽう院ではなく、でんぼう院通り探索巡り

仲見世から筑波エクスプレス浅草駅へ向かう伝法院通り。
約200メートルの通りは江戸時代の町並みを再現したような風情で,かんざし,呉服,江戸切り子,半纏などの商店が軒を連ね,江戸の商店風を想わせる雰囲気を出している。通りには人力車や籠,天秤棒をかついだ物売りなどがいたり,鼠小僧次郎吉の人相書きの立て札があったり,演出も凝っており,見どころいっぱいの浅草の新名所として人気を集めている。

地口行灯(じぐちあんどん)

地口行灯(じぐちあんどん)

地口とは江戸時代に流行したいわば洒落ことばです。ことわざや成り句・芝居のせりふなどをもじって洒落をつくったもので、それを行灯に書いて祭礼などに競って飾る。というのが江戸の風習のひとつでした。
伝法院通りでは鎮護堂(おたぬきさん)のご縁日に飾られていたのが始まりで、今では12本の街路灯(24面)に年間を通してこの地口行灯を飾るようになりました。

鼠小僧が出没 (ねずみこぞう)

鼠小僧が出没 (ねずみこぞう)

江戸市中を騒がせる鼠小僧がこの辺りにいるという。
人相書きも出ていますね。あっ、呉服屋の屋根に!千両箱を抱えて!
隣はなんと番屋です。いよいよお縄頂戴か!

火の見櫓と半鐘(ひのみやぐら・はんしょう)

火の見櫓と半鐘(ひのみやぐら・はんしょう)

「火事と喧嘩は江戸の華」などと言われますが、江戸の頃には大変火事が多くあり、浅草寺の本堂もこの頃何度も焼失してしまっています。
街中のあちらこちらに火の見櫓が見られたのも江戸の風景のひとつです。

夜の江戸八人衆(シャッターに八人衆)

夜の江戸八人衆(シャッターに八人衆)

各店に描かれたシャッター絵の中に、江戸の有名人が八人描かれています。それぞれの店が商う品にまつわる有名人・浅草にまつわる有名人そして、芝居や言い伝えにまつわる有名人です。

白波五人男(しらなみごにんおとこ)

白波五人男(しらなみごにんおとこ)

伝法院通り東側には歌舞伎でもおなじみの白波五人男という盗賊たちが潜んでいます、全て見つけられるかな?

落語三題

落語三題

宝くじのお店の壁に木札が三枚!これはいわば宝くじの当選番号。
江戸の頃には神社などで富くじ(宝くじ)を発行していました。
「御慶」「宿屋の富」「富久」は宝くじが当たったという落語の咄しの題名です。それぞれの番号は咄しの中で千両富(特賞)の当たり札の番号です。

江戸風木製看板

江戸風木製看板

正面看板にはその店の屋号を、袖看板には当時商家で流行した「商品を形どった看板」を。
さて、袖看板を見てどんな品を商っているお店なのか当ててみるのも楽しみの一つですね。