• none
  • none
  • none
  • none
  • none
  • none
  • none
  • none

レディスシューズショップ「enchanted(エンチャンテッド)」-高騰する革靴をリーズナブルに販売

画像

えんちゃんてっどエンチャンテッド(台東区)

03-5835-5225none

〒111-0051 東京都台東区蔵前4-31-10 蔵前オラシオンビル1F

メトロ銀座線「田原町」駅より徒歩5分、都営大江戸線「蔵前」駅より徒歩3分、つくばエクスプレス「浅草」駅より徒歩10分

ヨーロッパのテイストとトレンドを取り入れたエレガンスカジュアルラインと、履きやすさにこだわったコンフォートラインをラインナップ。
本革を中心とした素材を使い、手頃でトレンド感のある商品をお客様にお届けいたします。

浅草に本社を置き、通販でもお馴染みのエンチャンテッドが2014年4月に新店舗オープン!

革が高騰し、革靴の価格がどんどん上がり、合皮の靴を履く人が増えてきた。
革靴をもっと安く提供できるように、メーカー、ベトナムの工場と共に新規でエンチャンテッドを立ち上げた言うオーナー。

アマゾン、ZOZO TOWN、マルイのネット通販などでも取り扱われるほか、数多くのスタイリストからもオファーがあるという。

価格帯は1万円前後が中心で、本革や生地素材のパンプスやサンダル、ローファー、スニーカー、ショートブーツからロングブーツまで扱う。

20~30代の女性が、この価格ならと革靴デビューし、ファンになってくれるのがうれしい。
革靴の良さを若い世代や多くの人に広めていきたいとエンチャンテッドは考えている。

ヨーロッパのテイストとトレンドを取り入れたエレガンスカジュアルラインと、履きやすさにこだわったコンフォートラインをラインナップ。本革を中心とした素材を使い、手頃でトレンド感のある商品をお客様にお届けいたします。木のぬくもりと革の風合いで柔らかい空気感の店内。

パンプスやサンダル、ローファー、スニーカー、ショートブーツからロングブーツまで、6000円~13000円の価格帯でトレンドを取り入れた本革の靴が買える。

また、嬉しいお店が増えました。

エンチャンテッドは今後、バッグなどのラインアップも増やしていきたいという。
「仕事帰りや買い物帰りに気軽にフラッと立ち寄ってもらえる店を目指し、地域密着型でお客さまの意見を聞いて成長していけるようなブランドにしたい」と意気込む。

■■ ベトナム生産 ■■

■■ ベトナム生産 ■■

ベトナムにある1つの工場だけを使い、型はヨーロッパに流通しているものと同じものを使うなどしてコストを抑えている。

ロゴに「italy」とかの文字を入れたがるのが日本人の普通で、「saigon]と入れるところがこのブランドのポリシーを感じる。

■■ 本社ショールーム ■■

■■ 本社ショールーム ■■

本社ショールームは開放感があるカフェのような雰囲気で、近隣の人が店と間違えて入ってくることもしばしば。
ショールームでは、次期アイテムを展示しており、「いつも店で買い求めていただけるお客さまが、次の商品を見にショールームへ足を運んでくれる」とか。
「地域に根付く店にしたいので、それがとてもうれしい」とも。

■■ 店舗入口 ■■

■■ 店舗入口 ■■

明るいデザインに仕上げた「エンチャンテッド」の店舗入口。

カラフルでお洒落なデザインの靴が店頭を賑やかにしている。

店は広い通りに面しているが、ここだけ異次元化している。

  • クーポン
  • 予約割引
  • 団体割引
  • 記念日割引
  • 年中無休
  • 深夜営業
  • 駅チカ
  • カード支払
  • 男性歓迎
  • 女性歓迎
エンチャンテッドの店舗詳細
店名 エンチャンテッド
店名(ふりがな) えんちゃんてっど
住所 〒111-0051 東京都台東区蔵前4-31-10 蔵前オラシオンビル1F
アクセス メトロ銀座線「田原町」駅より徒歩5分、都営大江戸線「蔵前」駅より徒歩3分、つくばエクスプレス「浅草」駅より徒歩10分
TEL TEL: 03-5835-5225

※ご予約・お問合せの際に、スタッフへ浅草観光なら【浅草なび!】を見た!」とお伝え下さい

営業時間 11:00~19:30 (土・日・祝~19:00)
定休日 年中無休
平均予算 10000円
ホームページ
エンチャンテッドのフォトギャラリー