• none
  • none
  • none
  • none
  • none
  • none
  • none
  • none

ホーム >> ショッピング >> 食料品 >> 万久味噌店
文化元年【約二百年前】に創業。浅草・花川戸で老舗味噌専門店。数十種類の味噌樽が並ぶ店内は味噌の新鮮な香りに包まれ、量り売りをしてくれる。

画像

まんきゅうみそてん万久味噌店(台東区)

03-3841-7116

〒111-0033 東京都台東区花川戸2-8-2

メトロ銀座線・東武伊勢崎線「浅草」駅より徒歩5分  都営浅草線「浅草」駅より徒歩8分

文化元年【約二百年前】に創業。浅草・花川戸で老舗味噌専門店。
数十種類の味噌樽が並ぶ店内は味噌の新鮮な香りに包まれ、量り売りをしてくれる。

創業200年を迎えた万久には代々のファンが多い。「お嫁に行った人がわざわざ買いに来て下さる」と嬉しそうに語る六代目主人太田社長には、老舗の誇りと同時にお客様から寄せられる信用への責任感がにじみます。
個客だけでなく飲食店からの引き合いが多いのも、万久がプロとしての仕事をしている証拠。中でも江戸甘味噌は、そば屋をはじめ料理のプロからの注文が多いと言います。
太田社長曰く「東京人と呼べる人が少なくなって、江戸甘の味を知る人も減っている」そうですが、外食では意外と皆さんも口にしているのかも。
「ご家庭でも江戸甘は簡単に楽しめます。煮物や魚の煮付けなどに、最後に一さじ加えるだけでコクが増しますよ。お店の味はこれだったのかと思うんじゃないでしょうか」。
是非試してみたい!と思った方は、浅草・万久へどうぞ。味噌の芳醇な香りと太田社長の優しい笑顔が、あなたを迎えてくれますよ。

文化元年【約二百年前】に創業。浅草・花川戸で老舗味噌専門店。数十種類の味噌樽が並ぶ店内は味噌の新鮮な香りに包まれ、量り売りをしてくれる。対面販売にこだわりを持つ太田社長ですが、お客様へのアドバイスは苦手だと。というのも、味覚というのは幼少期の記憶が大きなウェイトを占める上、味噌は全国各地に独自色があり、人の好みに至っては千差万別。そこで万久でお買い物をする時は、まず自分あるいは両親の出身地を伝えること。これで「お客様の嗜好は大体分かります」とは、さすがプロ。そして味見をさせてもらうこと。万久には味見用スプーンが用意されているので、遠慮なく申し出、自分の舌で確認しましょう。

  • クーポン
  • 予約割引
  • 団体割引
  • 記念日割引
  • 年中無休
  • 深夜営業
  • 駅チカ
  • カード支払
  • 男性歓迎
  • 女性歓迎
万久味噌店の店舗詳細
店名 万久味噌店
店名(ふりがな) まんきゅうみそてん
住所 〒111-0033 東京都台東区花川戸2-8-2
アクセス メトロ銀座線・東武伊勢崎線「浅草」駅より徒歩5分  都営浅草線「浅草」駅より徒歩8分
TEL TEL: 03-3841-7116

※ご予約・お問合せの際に、スタッフへ浅草観光なら【浅草なび!】を見た!」とお伝え下さい

営業時間 9:00~18:00
定休日 日曜日、祝日
平均予算 1000円
ホームページ